Top
心に残る魚
先日までの連休中、レグルスには在日外国人の方々のグループが10名ほどで来店してくださっていました。日本に住んでいらっしゃるというだけで、国籍はアメリカ、ドイツ、オランダとさまざま。ほんっと、レグルスってグローバルなお店になったわぁ。。。と思っていたのですが、よく考えたら、大島のグローバルから紹介されていらっしゃった皆さんでした。今回の連休中、海況不良のため、初めてボートダイビングにチャレンジされたのですが、ダイナミックな地形にすっかりご満悦。特にイデサリのアーチはお気に入りだったようです。この皆さんには、タンクだけお貸ししていて、私が一緒に潜る機会は無いのですが、この中の一人が見せてくれたコンデジには、いろんな魚の写真がおさめられていて、なかなかのフィッシュウォッチャーなのね~!!と感心させられました。

そして今日、連休の合間には、ご夫婦で日本を旅行中のスイス人の方が見えました。
この方とは、別の日本人のゲストと一緒にガイドさせてもらったのですが、これもなかなかのフィッシュウォッチャー。エキジット後に、自分一人で気になっていた魚について、一生懸命質問されていました。
1本目に気になった魚はオビテンスモドキ。
2本目はホシテンス。
どうも、テンスの仲間がお好きなようで。

f0041023_2145723.jpg


マクロ好きなダイバーは日本人だけだろうと思っていたのですが、どうやら偏見だったみたいです。
多少の英語が通じるマクロ派ガイドがいる日本のダイビングショップってことで、レグルスのことが界中にマクロ好きの外人にクチコミで広まっちゃったどうしよ~? なんて、取り越し苦労も良いところかしら??
[PR]
by akaisaki | 2010-09-21 21:08 | 海の散歩
<< 台風休暇 冬はどうなっちゃうんだろー? >>