Top
きっと何とかなる。
私の両親は、昔はとても古い考え方をしていて、「女の子は下手に大学なんて行く必要はない」とか、「就職は結婚相手を探すため」とか、本気で言っているような人でしたし、結婚以外の理由で親と別居するなんて考えられない事でした。
そんな私が、寿以外の理由で会社を辞めてしまったり、親元から遠く離れて離島で暮らしたりするのは、自分的にもずいぶんと勇気のいる話だったのです。今でも友達から、よく会社を辞めて、そんな思い切った転職をする気になったねと言われます。私が、こんなことができたのは、一つには、昔、そんなことが平気でできる同期の女の子がそばにいたからです。
彼女は、どういうわけか、就職する前から親元を離れ、おばあちゃんの家の離れを家賃を払って借り、一人暮らしをしていました。ものすごくしっかりしているのですが、自由奔放で、世間体や将来への不安などとは無関係な世界に生きているように見えました。
何かの時に、そんな彼女のことがうらやましいなあという話をしていたら、

「ともよちゃんも、やってごらんよ!
たいていのことって、そんなに心配しなくても何とかなるのよ。
何ともならないんじゃないかって心配してる人って、本当に大変なことになっちゃうけど、
何とかなるよって考えてなさそうな人って、結構一生何とかなっちゃうのよー。」

言い換えると、産むが易してことでしょうか。
ここのところ、毎日悪いニュースばかり聞いていると、つい心配事で頭がいっぱいになってしまうのですが、そんな時に彼女の声が聴こえてくるような気がします。
当時、彼女は千葉に住んでいたのですが、今はどこでどうしていることやら。
きっと何とかしているでしょう。

f0041023_18492094.jpg


今日の #kokohana は、八丈島の特産物。ちょうど今が旬で安くておいしい。
内地からの物資が途絶えたら、これで生き延びるぞっ と。
さて、何の花でしょうか?
[PR]
by akaisaki | 2011-03-17 18:50 | 陸の散歩
<< マラソンの走り方 #kokohana - 心に花を >>