Top
ウミウシの人?
今日もワイド仕様のカメラを持って、ナズマドを縦断。泳ぎ回ってユウゼン玉を捜してきました。私は中のママの少し手前から馬の背の南側まで。同業のガイドさんが、スミレ根から馬の背までを捜索。ナズマドというビーチポイントと、その両側にあるボートポイントまで捜索したことになりますが、ユウゼン玉には当たらず、ユウゼンも少しだけしか目にしませんでした。
一体、あいつら、どこで集まってやがんでい!? って感じです。

エキジットすると、磯で食べられそうなものを集めていた島の人と顔が合いました。
よくナズマドに来ている人なので、顔だけは互いにお馴染みですが、話しをしたことはない方です。その人が「もしかして、ウミウシとってる人??」と尋ねてきました。「ウミウシとってる人」の意味がわからず、え!?? いや。違います…と言いかけたところで、隣にいた同業のガイドさんが「そうですよ。」と。「え? そうなの?? あたし???」
どうも私だけ意味がわかってなかったのですが、「ウミウシとってる人」は、「ウミウシの写真を撮って本を出した人」という意味だったのだそうです。島内の本屋さんで本を見たそうで(買おうかと思ったけど、買わなかったそうで…)。
どこにも、一切顔写真とか出していないのに、どうして、そう思ったんでしょうねぇ??
これで、顔写真なんて公表しちゃった際には、後ろで「ほら、あの人、ウミウシの人よ。」なんて後ろ指さされちゃったりするんでしょうか。

あたし、今、ウミウシ撮ってないんですけど。
今は、キビレ玉の人ですよ。

f0041023_2115612.jpg


でも、期待してブログ見に来た人がいると悪いから、たまにはウミウシも載せておこっと。
[PR]
by akaisaki | 2011-05-17 21:02 | 海の散歩
<< 人それぞれの復興支援 群れの攻略 >>