Top
目に見える黒潮
岩手では、水温7度と聞いてびびっていたのですが、実際には13度でした。13度と言えば、冬の伊豆半島の水温と同じくらい。未経験の水温ではなかったので、意外と平気でした。アイスダイビング並みの装備をする必要もなく、グローブも軍手で平気。フードも夏物をそのまま使っていました。いつもならホカロンを背中に貼って潜るのですが、作業をしていると汗ばむほどだったので、2本目からやめました。

でも、八丈に帰ってきて潜ってみると、やっぱり八丈ってあったかーい!!
そりゃ、そうですよね。今、八丈島は黒潮ど真ん中。あったかいし、青い。水温は23度、透明度は30m以上はありそうです。その代わり、ナズマドは潮が激流! 気を抜くと吹き飛ばされそうです。でも、どこもかしこも同じようにぶんぶん流れているわけではないので、うまくコースを選ぶと、何とか遊んで回れるんですよ。
ほら、上の方と、下の方と、流れが違うのがわかるでしょ?

f0041023_15104552.jpg


魚影も濃いし、運の良い人はユウゼン玉やハンマーに遭えます。
こんなに良い海なんだから、頑張って、がんがん潜らないと!!
[PR]
by akaisaki | 2011-06-08 15:13 | 海の散歩
<< 頼もしいと思えること 助かった子供たち >>