Top
どうしましょ?
ダイビングをしにいらっしゃるゲストの皆さんには、まず申込書にたくさんの個人情報を記入して頂いています。お名前、住所、電話番号、年齢、緊急先、などの基本情報は、万が一の時になくてはならないものです。しかし、よく考えてみると、ガイドをする側の人間は、ゲストの皆さんに名前しか伝えていません。まぁ、店の住所や電話番号は、ご予約の時点でご存知だろうと思いますが、ガイド自身については何も知らないまま、ダイビング中の安全を任せてしまうわけです。実はガイドに持病があったりしたら、イヤじゃないですか?
ところが実際には、風邪をひいていて耳が抜けにくい状態になっていたり、ちょっと二日酔いで気分が悪かったり、朝からお腹を壊し気味だったとしても、そんな様子はゲストには微塵も見せず「さぁ!出かけましょう!!」と、皆さんを海にご案内するのです。

こんなことを書くと、難しく考えてしまう人がいるかも知れませんが、最近私が「あれれ??」と思うのは、年齢のことです。

どうも、最近ちょくちょく、ゲストの方から「もう年なので、無理はしたくないんです・・・。」という言葉を聞くようになり、それが気になって仕方がないんですよ。だって、後で申込書を見てみると、そんなことを言っている方に限って私より年下なんですもん・・・。
私より年下なのに、「もう年・・・」だなんて・・・。
先日には、もっとショックな言葉が。。。グループでいらっしゃったゲストの皆さん、リーダーの方が「今回のメンバーは、ちょっと年配の方が多いので、のんびりさせてください。」って。よく見ると、皆さん、私より年下・・・。年配の人達より年上の私って・・・。

一体、私、どう受け答えしたら良いんでしょう??
こちらの年齢も、皆さんにお伝えした方が良いのかしら??と思ったりしちゃいます。

年のことなんて気にせず、頑張って元気に潜りましょー!!

f0041023_18432186.jpg


今月の豪海倶楽部に載せたユウゼンの幼魚の写真。
ユウゼンの小ささを表現するためにソラスズメと並んだところを撮ったのですが、逆に
「すごいでっかいソラスズメなのかと思っちゃいましたー!」
と言われました。
ほんでは、別カットで、すごい巨大なハタタテハゼ!!


PS.

そう言えば、先日、大島の柳場さんが大病を克服して職場に復帰されました!
私よりもさらにさらにご年配(先輩と言うべきか)& 一時は・・・??という状態から、見事に元気な姿に回復、ものすごい精神力だと思います。
詳しくはこちら。伊豆大島水中情報
今年一番の明るいニュースです!
[PR]
by akaisaki | 2011-11-09 18:46 | 海の散歩
<< ストロボの寿命 見たことのない島の大イベント >>