Top
年賀状ラスト・スパート
昨日、海にも行かず、お店から発送する年賀状を仕上げました。
今年は被災された方を慮って年賀状を出さないという方も多いそうですが、このタイミングを逃すと年に一度しかお付き合いのない方との音信が途絶えてしまうので、ご挨拶状のつもりで出すことにしました。
お店のものはともかく、いつも悩むのが自分の年賀状。
宛先は、9割以上がノンダイバーの、親戚だの、子供の頃からの友達だの、以前の勤務先の知人だの。
今年はウサギ年でしたが、ウミウサギの写真で年賀状を作ったところで「何じゃ、こりゃ?」と言われるのが関の山なので、親方に可愛いウサギのイラストを描いてもらって作りました。
来年は辰年。
先日、上京した時に、どんなデザインの物が売られているのか、文具売り場を回ってリサーチしてきました。
そしたら、かなりの割合で、タツノオトシゴのイラストが描かれているじゃないですか。
ってことは、年賀状に自分の写真が使える、12年に1度のチャーンスッ!!

厳密に言うと八丈島で「タツノオトシゴ」は見たことがないのですが、それに似た近似種ならいろいろ。
できれば華やかな色合いが良いなああと思うのですが・・・
ダイバーには人気ですが、ノンダイバーには「体に湿疹ができているみたい・・・」と気持ち悪がられたりするんですよね。
ってことで、こちら様は、ダイバー間の年賀状には多く登場されるかと思いますが、私個人的には不採用。
残念なので、こちらへ。

f0041023_10203395.jpg


ハナタツとか、イバラタツがいれば良いのになあ。
年賀状には、ちょっと地味ですが、一般の方にも「タツノオトシゴ」ってわかってもらえるような形の方に登場してもらうことになりました。

さ、これから宛名書きだよ~
[PR]
by akaisaki | 2011-12-20 10:21 | 海の散歩
<< 風邪な季節 連日の八重根 >>