Top
GF3 楽しい
ハワイで使い方の練習をしてきたミラーレス一眼のLumixGF3、いよいよ、八重根へ持って行ってみました。いっぱい書きたいことがあるんですが、一番に感じたことは「撮っている時が楽しい!」ってこと。

一眼レフはファインダーをのぞいて、被写体を確認しながら撮ります。ファインダー越しに被写体を見ると、肉眼では見えなかった模様や形が見えたり、ピントが合う瞬間を確認できたり、撮れる・撮れないはともかく、撮っている時間が楽しいのです。
ところが、コンデジは液晶画面を見ながら撮るのですが、いくら昔より大きくなったとは言え、被写体がよく見えません。仕方がないので、カメラを被写体の方へ向け、シャッターを押しまくります。撮影の最中は、必ずしも楽しくありません。撮ってばかりいないで、自分の目でもっとよく見ておけば良かった、なんて思うこともあります。

ところで、GF3にはファインダーがありません。そういう意味ではコンデジと同じです。
ところが、この液晶画面が、コンデジと比べて大きいというわけではないのに、とってもよく見えるんですよ~。被写体をちゃんと見ながら、半押しして、今だ!と思うところでシャッターが押せるので、撮影の最中も楽しいのです。

しかも、撮れた写真も画質がきれい♪
撮り方はコンデジと同じですが、写真は一眼レフ並みかな?

f0041023_18132343.jpg


ちゃんと動く魚にもピントが合うよ~!!
[PR]
by akaisaki | 2012-02-11 18:13 | 海の散歩
<< ココちゃんの様子 わいはー >>