Top
ストロボの話
水中撮影時に使用している外部ストロボの話です。
私が普段使っているのは、レグルスにいらっしゃる大多数の方が使っているイ○○製のもの。以前このブログに書いたことがあるのですが、この会社の製品でライトやストロボの発光がイマイチになってきたら、電池や充電器をせっせと「ピカール」で磨くと、またよく光るようになります。「ピカール」というのは、仏壇に置いてある仏様などの金属製の仏具を磨くのに使われているようですが、これをティッシュペーパーに付けて電池のプラス・マイナス部分を磨くと、銀色だと思われた部分から真っ黒な汚れが取れてビックリします。

最近、私のストロボが調子悪くなってきたので、またせっせと磨いていました。電池だけでなく、ストロボ内部の電池との接触部分もできるだけ磨いてみました。それでもダメなので電池を新しいものに変えてみました。でもやっぱりダメ。
どうも外蓋を緩めると点灯し、閉め込むと消えてしまうのです。だからと言って、水没しない程度に緩めておいても、水中に入ると点かない。よくわからないけど、どうも原因は蓋にあるような気がするなあとブツブツ文句を言っていたら、親方が「じゃ、こっち使ってみれば?」と、比較的新しいストロボの蓋だけ貸してくれました。まず見比べてビックリ。私のストロボは元々中古で買った物なので相当古いのですが、蓋に付いている電池との接触部分の金属部品の色が、全然違うんですよ。親方のはピカピカの銀色。私のは曇った灰色。
そして、水中で使ってみると、全く問題なし!
もうストロボを買い換えなきゃダメなのかなあと思っていたのが、この部品を買い換えるだけで済んでしまいました! 約5万円の出費か!?と思っていたのが、たった数百円。助かった~♪

おかげで調子よく、影のない写真が取れました。

f0041023_15265858.jpg


ストロボの調子が悪いなあと思っている皆さん、もしかしたら、皆さんのも内蓋が原因かも知れませんよ~

そんなわけで、今日のチャコちゃん。暖かい日は、南側の窓で寝そべるのがお気に入り・・・なのですが、窓枠よりも身体の幅の方が広く、そのままお昼寝することができないようです。
後ろ脚が微妙に緊張。
出窓だったら、良かったのにね~

f0041023_1529996.jpg


さすがに、ダイエットしても、窓枠よりも細くなれそうにはないもんね~
[PR]
by akaisaki | 2013-03-24 15:30 | 海の散歩
<< ちょっとした思いつき 久々の名刺 >>