Top
実在のモデル
アメリカのSF映画の中で登場する、グロテスクで不思議な形をした架空の動植物が、よくよく考えてみると、これって海の中に実在する生き物じゃない?と思うことが、たまにあります。例えば、「アバター」の中に出てくる不思議な森の植物っぽい生き物たちも、海の中で目にする、実際は小さい生き物を大きく表現しただけだわね?と思えるものが登場しています。
それに「バイオハザード」で登場するウィルスに感染した化け物みたいな悪役のボス、口を開けると何本もの長い舌のようなものが放射状にぶわっと出てくるのですが、それって、これがモデルじゃないかしら?

f0041023_18145810.jpg


一見、きれいな花が咲いているかのように見えますが、これで水中の微小な生物をからめ捕って食べていると言えば、バイオハザードに出てくるゾンビみたいじゃないですか? そういう観点で映画を見ていると、いろんなところに水中生物がモチーフに使われていて面白いです。

チャコちゃんは、子供の頃テレビが大好きで、テレビに向かって追突したり、テレビの裏側を調べたりしていたのですが、最近ではすっかり大人。そんなわけのわからんモニターよりも、私のことを見て! って感じ??
それとも、ただの嫌がらせ?

f0041023_19104583.jpg



もう少し寝心地の良いところが、他にいっぱいあるだろーが!

こんな環境下でも、豪海倶楽部の原稿はちゃんと書いてるので、今月号もご覧になってねー
[PR]
by akaisaki | 2013-06-02 19:10 | 海の散歩
<< 神出鬼没 捕り物帳 >>