Top
魅惑の神湊
八丈のビーチポイントの中で、神湊ほど面白い時と面白くない時の激しいところはありません。特に今、湾内で数年がかりの工事が進行していて、水底を掘り返したり、埋め立てたりしている時は、一時的に生けるもの皆無か?と思える状態になりました。今もまだ工事は進んでいますが、ここしばらくは埋め立てた場所の整地をしているようで、これから船のための給油施設が建つはずです。水中をかき回す作業が無ければ、生き物は帰ってくる。それに水温も良い感じで上昇していて、神湊も他と同じく19℃、透明度も抜群です。3連休中に神湊でガイドしていた親方がスジハゼがいっぱいいたよ~と言うので、昨日ちょっと真剣に見て来ました。ヤツシやサルハゼの仲間は見当たりませんでしたが、白い砂地の真ん中にきらっと青く光るものが。幼魚サイズでしたが、カスリハゼSPが来ていました。
このまま落ち着いた状態が続けば、他のハゼたちも戻ってきてくれるんじゃないでしょうか。
最近「日本のハゼ」で紹介している「~属の一種」扱いされていたハゼに、続々と名前が付いて嬉しい限り。神湊のハゼたちも、きちんと整理されると良いなあ。

f0041023_19253712.jpg

そんなこと、どーでもええわ!
と思っているチャコちゃん。三寒四温の今日この頃。あったかい日はパワー全開!

f0041023_20353090.jpg
あっかんべー!!



[PR]
by akaisaki | 2014-03-25 07:11 | 海の散歩
<< またもや留守番? 知られてないのは残念 >>