Top
どこまで寄れるか?
コンデジの場合、標準では35ミリ程度のレンズがついているはず。
一方、一眼でマクロをやっている人は普通60~100ミリくらいのレンズをつけてます。
100ミリレンズでちょうど画面いっぱいに撮れる魚を、35ミリで撮るっていうのは、ものすごいハンデですよね~!! 同じ距離から撮ってたんじゃ、ものすごく小さくにしか写らない。同じように写そうと思ったら3倍くらい近寄らないとダメってことになります。
ウミウシやエビ・カニならともかく、魚は難しい。ズームを使うと手ぶれが大きくてピントが合わなくなるので、基本的には使用しません。それに、コンデジの内部ストロボも、一眼で撮ってる人が使ってるストロボと比べたらオモチャみたいなもんですから、この光を届かせようと思ったら、やっぱり相当近寄らないとダメだってことになります。

ある程度撮れたら、あとでトリミングすれば良いやと思っていたのですが、思ったより画質が悪くなりますねぇ。一番良い画質モードで撮ったのですが、右下ハナゴイ1匹だけを切り取ることはできませんでした。
f0041023_0455792.jpg
                                 Nikon Coolpix7900
[PR]
by akaisaki | 2007-09-30 00:46 | 海の散歩
<< コンデジ+ライトの効用 その1 定番の写真 >>