Top
Fujiの水中モード
親方はいつもシャッタースピード優先で撮っているらしいのですが、Fujiのコンデジにもちゃんと水中モードがあります。なんで水中モードを使わないんだろう?と思っていたら、ちゃんと理由がありました。私のCasioのコンデジだと、水中モードにした後、いろいろと設定がいじれます。それこそ、こんなに変えちゃったら、全然水中モードじゃないじゃん、って状態にまで変えることができます。親方のFujiのコンデジも、水中モードにした後、多少はいじれるのですが、変えられないのがISO感度。これだけは、Autoになったまま、自分で変更することができないのです。
ISO感度というのは、数字が小さければ小さいほど感度が悪くなり、暗いところでの撮影ができません。数字が大きくなると感度が良くなるので、花火とか夜景とかを撮る時に便利です。水中も基本的には暗い場所なので、ストロボが届かないような被写体を撮る時には感度が高い方が良い・・・と考えがちです。実際、Autoで撮っていると、カメラが勝手にISO感度を上げて、明るく撮ろうとしてくれます。
ところが、ISO感度って、上げるとドンドン画質が悪くなるんですよ。
せっかく良いコンデジで撮ってるのに、一昔前の安いコンデジで撮った写真みたいになっちゃう。せっかくピントも合ったのに、イマイチ写真がガサガサの紙に印刷したみたいになっちゃいました。

f0041023_19552552.jpg
Fuji FinePix F50fd 


やっぱ、シャッタースピード優先で頑張った方が良いみたいです。
[PR]
by akaisaki | 2008-12-12 19:55 | 海の散歩
<< 大掃除終了! 八丈八番ホール >>