Top
カテゴリ:海の散歩( 1055 )
枯葉シリーズ
海の散歩は、3連続で茶色の生き物。
みんな、枯葉や木の枝なんかがたまった所にいて、葉っぱや枝にそっくりの姿をして、上手に隠れて暮らしているから。
でも、この子は、本物の葉っぱを持ち歩いて隠れているのでした。
f0041023_19212893.jpg

時々、葉っぱと一緒に飛んでっちゃいそうになってましたけど。
[PR]
by akaisaki | 2006-01-29 19:21 | 海の散歩
おさ~るさぁんだよ~♪
お猿さんではなく、ヨウジウオの仲間でーす。
昔、オリバー君ていうのがいませんでした??(年がばれる?)
お猿さんと人間の間に位置する生き物とかって言ってた。
オリバー君、最後はどうなったんだろう?
ちょっと、顔が似てて、思い出しちゃいました。
f0041023_18564931.jpg

[PR]
by akaisaki | 2006-01-28 18:57 | 海の散歩
冬の一息
八丈島で、冬になると見られるようになる代表選手。
ツマジロオコゼ、フリソデエビ、イザリウオの仲間たち、貝殻を持つウミウシの仲間たち・・・。
どういうわけか冬の寒い時期に多いので、伊豆のような冷たい海が好きなのかなぁと思うと、そういうわけでもない。フィリピンなどの温かい海でも見られます。
f0041023_18191822.jpg


ため息なんかついてないで、もっと暑い季節に遊びにおいでよ。
[PR]
by akaisaki | 2006-01-26 18:22 | 海の散歩
やっと海へ・・・
八丈で普通に見られるヘビギンポ。
種類によって異なる色や形のバリエーションが楽しめるうえ、あまり動かないので被写体として好まれています。
ダイバーのホームページを流し見していると、
「海外で潜ってきました!! とっても美しいイソハゼ!!」
というコメントと一緒に、タテジマヘビギンポが紹介されていたりします。
確かに、たたずまいがハゼに似てるかも知れませんね。
でもこの間違いは、多くのダイバーにとって「ハゼ」という名称がメジャーで、「ヘビギンポ」という名称がマイナーだという証拠です。
f0041023_15523914.jpg


30年ちかく前、ヨーロッパの人たちが私を中国人の子供と間違えたのと、まあ、同じかしら。
今ではすっかり日本人も認知されていますが。

ヘビギンポ、がんばれ~!!
[PR]
by akaisaki | 2006-01-25 15:55 | 海の散歩
春の色合い
サンゴの上にチョコンと乗ったアカスジウミタケハゼ。そのサンゴの向こうに、何だか暖かくて楽しそうな世界が広がっている。
もうすぐ春が来るのかなあ。
ちょっと遊びに行ってみたいなあ。
f0041023_1617362.jpg

[PR]
by akaisaki | 2006-01-12 16:17 | 海の散歩