Top
カテゴリ:海の散歩( 1055 )
その土地ならでは
サカナの中で、何が好きですか?と聞かれた時。
スズメダイが好きです、可愛い幼魚が好きです、ギンポやカエルウオが好きです
などと答えておけば、無難な良いイメージを持ってもらえます。
ところが、
ハナダイが好きです
と言うと、もしや、ガンガン深い場所へ行っているのか?と思われますし、
ハゼが好きです
と言うと、もしや、背びれの棘の数を数えてみたり、原記載論文とか読んでるマニアックな人なのか?
と思われかねません。
それだけハナダイやハゼは魅惑的で、突きつめて追い求めている人が多いのです。
だから、何となく軽い気持ちで「私、ハゼ好きでーす」などと言ってはいけないように思うので、私は「なんちゃってハゼ好き」です。

今回青海島では、どんなハゼが見られるのか事前に何も調べていなかったので、とりあえずチャガラとキヌバリは絶対撮ろう!と思っていました。どちらも伊豆半島でも普通種ですが、八丈島では見られません。何も青海島で撮らなくてもと思われるかも知れませんが、他に撮る機会がないかも知れなかったからです。
キヌバリには会えませんでしたが、チャガラは「あほか?」と思われそうなほど撮りました。

f0041023_1026306.jpg


ところが、他にもこんな、青海島で撮っておくべきハゼ3種に出会うことができました。

その1つがアカオビシマハゼ。
最初「あれ? クロイトハゼって着底することもあるんだっけ?」などと思ってしまいました。

f0041023_10104924.jpg


もう1つがイトヒキハゼ。
極小サイズのものもいっぱい見られたのですが、警戒心が強くて撮れず。
なんとか全身出ているところが撮れましたが、背びれが何ともやる気ない感じで残念。

f0041023_10105350.jpg


最後にユカタハゼ。なんと日本固有種です。

f0041023_10281450.jpg


ハゼ好きのバイブル「日本のハゼ」の写真は、ほとんどが西表で撮影されています。ところが、この3種の撮影地は鹿児島県。内湾を好み、限られた場所でしか見られないハゼたち。もし見れたら絶対撮っておかないとって感じのメンバーです。
ってことは、ハゼ好きは青海島に行っておかないと!? ってことですね。
[PR]
by akaisaki | 2014-12-22 10:36 | 海の散歩
大きなものから小さなものまで
青海島で撮った写真、小さなものから出してしまいましたが、反響が大きくてビックリでした。
しかし、私が驚いたのは、青海島って大きなサカナがたくさんいる!ってことでした。
いつも八丈島をガイドしていて、ゲストの方から「八丈島のサカナって大きいんですね~」と驚かれることが多いので、なんとなく八丈島以外の場所で見られるサカナたちは小さいサイズのものが多い・・・と思っていたのです。もちろん、サメとかマンタは別格です。それはいわゆる大物と言われるサカナで、そうじゃないサカナたちの平均的なサイズの話ね。

私が今回コンデジ持って行って良かったな~と思ったのは、これってマクロレンズ付けた一眼レフだったら撮るのが大変だったろうなあと思うようなサイズのサカナが多かったから。こういうのは興味ないなと言う方もいらっしゃるでしょうが、何でも撮りたい私には、被写体サイズ不問のコンデジは大活躍。

砂泥底を好むとされるトカゲエソ。山口県ならではのサカナかも知れません。中国地方、北九州に多く分布するそうですよ。もしかしたら、私にとっては2度と見られないサカナかも。

f0041023_1101430.jpg


そして、アサヒハナハゼ。伊豆半島にもいっぱいいますか?
私、八丈島に来る前はIOPで潜っていたのに、ちっとも見た覚えがないんです。ただ、アナハゼはいろんな種類があるので、きっと目に入っていても認識できていなかったでしょう。

f0041023_1142097.jpg


さらに、もっと大きなサカナにも出会うことができて、それもちゃんと撮れました。
イッテンアカタチとクサウオ、写真はお正月に豪海倶楽部でご覧になってくださいまし。
それまで、あともう少し、今年は青海島ネタで引っ張りまーす。
[PR]
by akaisaki | 2014-12-21 11:06 | 海の散歩
荷物軽量化
ダイビングをするために遠出する時、一番悩ましいのが荷物の重量。国内なら郵パックで30キロまでOKですが、持っているスーツケースに30キロもの荷物は詰められません。海外へ出る時には23キロまでに抑えたいので、それに見合った大きさのスーツケースにしているのです。
しかし、今回の青海島、当然装備はドライ。3日分の着替えとドライスーツとインナーと器材を詰め込んだら満員御礼。カメラは手持ちってことになります。
どうせ最近は普段からコンデジ。せっかく青海島にまで行くのに…と一眼レフへの未練はあったものの、やっぱりTG-3の出番となりました。その結果、メーター級のサカナから、ミリ級のウミウシまで撮ることができて、一眼レフにしなくて良かった~。これでますます一眼レフの出番が無くなってきてしまいました。

八丈島にもいるじゃん、という種類もありましたが、見せて頂いたものは全部きっちり撮ろうという意気込みで撮ってきました。
とりあえず今日はミリ級のウミウシ。

八丈島にもいるのに、縁がなくて撮ったことがなかったヒロウミウシ。
もう2度とチャンスはないかも…と、岩にかじりついて顕微鏡モード。

f0041023_20094063.jpg
そして初めてみたムラサキミノウミウシ。
肉眼では、ほとんどゴミにしか見えず、きっとこのオレンジ色が触角なんだろう…と信じて撮っていました。

f0041023_20093564.jpg
お目々までパッチリ撮れて嬉しいです。
マクロレンズもストロボもライティングも何もなし。最初は少々苦労しましたが、今回の旅でだいぶ使いこなせてきましたよ~。

新しい一眼レフ、買いたいテンションがどんどん下っていく今日この頃です。




[PR]
by akaisaki | 2014-12-19 20:16 | 海の散歩
ただいま~
爆弾低気圧が通過する前に、すべりこみセーフで八丈島に戻ってきました。帰ってきた途端、海も陸も大荒れ、今日は朝からバラバラと音を立て、何度もヒョウが降っていました。いやな季節になりました~。気温は最高で8℃、風が平均で10m/s以上吹いていますから、体感温度は氷点下です。それでも、海況さえ落ち着いて、海に潜ってしまえば水温は21℃あるって言うんですから驚きです。
この休みの間、そんな八丈島を離れて、初めて日本海で潜ってきました。初・日本海、山口県の青海島。お世話になったのはブルーワールドというフォト派のお店です。いつもゲストのフォトをブログに載せていらっしゃるのですが、そこで私がずっと見たいと思っていたサカナを発見。上京するついでに足を伸ばしてまいりました。
水温は15℃でしたが、意外と平気でした。
八丈島も冷水塊の時には13℃くらいまで下がりますもんね。
詳細は「豪海倶楽部」でレポートしま~す。

写真は、久々に見たマトウダイ(八丈島では見られませんから)と、ブルーワールドの和泉さん。

f0041023_18322195.jpg
とってもお世話になりました。
海外も良いけど、国内も楽しいですよね~。ちょっとくらい冷たいのは平気だってことがわかったので、今度は北の海でクチバシカジカを見に行きたいなあ。ふっふっふ。




[PR]
by akaisaki | 2014-12-18 18:52 | 海の散歩
見たいサカナ、見せたいサカナ
以前、リピーターの方にこんなことを言われたことがありました。
「一体、なんだって加藤さんは俺にヌノサラシなんか見せるんだ?」
確かにヌノサラシは八丈では普通種ですから、何度も八丈に通っている人なら自分でも見つけられます。そして、その方いわく「ヌノサラシなんて与那国にもいっぱいいたし。」
なるほど、それは知りませんでした。分布が南日本ってことになっているので、沖縄周辺に多いんですね。

f0041023_18225612.jpg

でも、なんだか派手な柄だし、以前潜っていた伊豆では見たこと無かったし、海外行った時にも見覚えがないもんですから、ついつい見せたくなっちゃうんですよ。はっきりしたリクエストがあれば別ですが、見たいとサカナと見せたいサカナ、なかなか相思相愛にはならないもんです。

ところで、普段は見せる側の私にも、見たいサカナがいくつか。だいたいは温帯種です。
その中でも前々から見たい見たいと思っていたサカナが、ある場所で出ているというニュースが。ちょうど上京しようとしているこのタイミングで!? しかも、またまた格安の飛行機が飛んでいるじゃないですか。

というわけで明日から徐今日します。帰島は未定。そして、見たかったサカナに逢いに、某所で潜ってきます。
レポートをお楽しみに~。



[PR]
by akaisaki | 2014-11-26 16:47 | 海の散歩
今日が最後
実は、今日は今年最後の連休でした。
祝日はもう1日、12月23日が天皇誕生日ですが、連休ではないのです。もし連休だったとしても、例年ガラガラ。連休ではないとなると、なおさらです。連休がなくなったところで、スタッフの連休が始まります。ぼちぼち交代で休みを取るのですが、とりあえず私は今週から休んで京都や神戸へ出かける予定です。
当初は羽田から品川へ出て新幹線に乗るつもりだったのですが、たまたま先日京都からいらっしゃっていたゲストが、羽田で飛行機を乗り継いで伊丹へ出るというので、飛行機もアリか?と気を変えました。調べてみたら、神戸へ出るならスカイマークに乗った方が新幹線より安いんですね。片道たった1万円。八丈-羽田より、ずっと安い…。今まで国内線はJALとANAにしか乗ったことがなかったので、ちょっと楽しみです。

豪海倶楽部の原稿は、もう出してあるので、12月1日に更新されるはず。
そしてブログ用の写真も既にアップロードしてあるので、数回は更新できるようになっています。
張り切って応援してくださいませ。

f0041023_18225103.jpg
神戸の紅葉は、もう間に合わないかしら?
神戸牛のしゃぶしゃぶを頂く予定になっています。楽しみだなあ♪



[PR]
by akaisaki | 2014-11-24 20:39 | 海の散歩
親不知効果
親不知ネタで、まだまだ引っ張ります。
抜いた後の歯茎を縫合している最中に、先生がつぶやきました。
「あれ。。。もつれちゃった。」
その言葉が妙に心に引っかかり、その後舌の先に当たる糸が気になって仕方がありません。
もしかして、ほどけてない?
気にし過ぎているせいか、治りが遅いような気がします。

まだ、口が開きにくい感じがして、小食になり口数が減り、ダイビングもしていません。
ダイビングはともかく、ずっとこのままでいれば良いのにね!と、憎まれ口を叩かれそうです。
確かに、おかげで溜めこんでいた年末決算のための経理業務が飛躍的に片付きました。
そして、上京時にしか着ない洋服で、サイズが合わなくなってしまっていたスカートやパンツが履けるようになりました。

しかし、自分が山のような伝票とパソコンと電卓を相手に黙々と仕事をしていると言うのに、楽しそうに海へ出かける人達を見ていると悔しいので、お蔵入りにしておいた写真を載せておきます。
なんでお蔵入りにしておいたかと言うと、ちょっと水深が深いから。

f0041023_19373663.jpg
TG-3の純正のハウジングの耐圧テストだったってことにしておいてください。
ガイドのリクエストは受けませんので、悪しからず~。



[PR]
by akaisaki | 2014-11-20 19:39 | 海の散歩
3本目の親不知とナギサノツユ
昨日、予定通り、親不知を抜いてきました。これで3本目、残すところあと1本となりました。
初めて親不知を抜こうと思った時は、島の歯医者じゃ無理だろうと思い、わざわざ実家の近所の歯医者で診てもらったのですが、大学病院じゃないと無理だろうとか、抜く前に昔の虫歯を見直した方が良いだろうとか、いろいろ無理難題を言われ一時は諦めかけていました。それが、試しに島の歯医者に行ってみたら、あっさり抜いてくれて、たった3~4回の通院で終了しました。
今回も、いつも通り。1時間くらいで抜いて、歯茎を縫ってもらいました。
少し腫れていますが、抗生剤と痛み止めの薬で何とかなってます。今日、消毒してもらいに行って、数日後に抜歯してもらったら、終わりです。
「きれいに抜けたから、持って帰ります?」
と、歯を渡されたんですが、これってどうしたら良いんでしょう?
乳歯だったら立派な永久歯が生えますようにと屋根の上に投げたりしたもんですが、これは2度と生えてきてほしくないものですし。見れば、こんな大きなものが歯茎の中に埋まっていたのか?とびっくりするような大きさです。顔の形が変わるんじゃないかしら。

歯を抜く前に、八重根に潜ってきました。
私の親不知と比べたら、本当に小さなナギサノツユ。米粒より小さい。

f0041023_13060526.jpg
以前は、こんな小さなウミウシは、コンデジじゃ無理だよ~と言っていたのに、今じゃクローズアップレンズも何もなしで撮れるんですねぇ。顕微鏡モード、すごーい。






[PR]
by akaisaki | 2014-11-17 13:07 | 海の散歩
今年の運勢
先日、お店用のダイアリーを買いに行きました。来年は、既にお正月に体験ダイビングの予約が入っているし、2月のアニラオツアーと、その周辺の予定を書き留めておきたかったからです。いつもと同じ本屋の、いつもと同じ場所に、小さくダイアリーのコーナーがあり、数は少ないですがずらっと並んでいました。そしてその横に、やはりいつもと同じように来年の運勢を占う本がずらり。それを見て、思い出しました。

あれは今年明けたばかりの頃だったでしょうか? 同業者の、同世代の男性が、今年は大殺界だーと、ひどく嘆いていたのです。そして当時耳の調子が悪かったのを、大殺界のせいにしていました。しかし、よくよく聞いてみると、その人の運命星は、私と同じだったのです。つまり私も大殺界。人のことを同情している場合では無かったのです。

ですが、どう考えてみても、私にとって今年1年はそれほど悪くありませんでした。絶好調ではなかったものの、大きな病気も怪我もなく、実家の両親も、飼い猫のチャコちゃんも元気でした。バリとレンベ、海外ツアーには2回も行けたし、新しく買ったTG-3も調子良いし、先日は自転車とか買っちゃって楽しみが増えました。

来年も引き続き大殺界だそうですが、この調子なら、そんなに悪くないよね?
見上げれば、きっと青空♪

f0041023_20031790.jpg
ただね、私自身は平穏だったんですけど、周りに故障者が多かったかな。
まさか身代りになってくれていたわけじゃないよね?



[PR]
by akaisaki | 2014-11-16 15:44 | 海の散歩
勝手にライバル
TG-3の評判が良くなってくると、なぜか隣の席の方が対抗心を燃やして、Canonのコンデジだって負けてないモン!と言いだしました。もちろん私も隣の人も、オリンパスやCanonからサポートを受けているわけではありません。一長一短あって、どっちが良いかなんて言えないんですけど、隣の人は張り切っています。
ハッキリ言って、隣の人は、どんなコンデジ持たせても良い写真を撮ってくるんだろうと思うんですけど。私は、どんなコンデジ持っても、だいたいこの程度です。

f0041023_17575588.jpg
コンデジでこの程度撮れれば良いっかな? って思ってるんですけど。ダメ?

明日は、いよいよ。多分、親知らずを抜いてきます。



[PR]
by akaisaki | 2014-11-15 17:59 | 海の散歩