Top
<   2008年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧
親方、テレビ出演!
今夜9時に、テレビ東京の番組に親方が出演します。
「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ! 」

「仰天!深海の秋の味覚」
我々が普段食べている「ウニ」の黄色の部分は一体何?

この謎を探る旅に出たレポーターが、八丈へはるばるやってきて、ウニについて詳しいかも知れないと、まずは漁師さんを訪ねます。その漁師さんが、なんとレグルス専属(?)の船頭さん!! そして、その船頭さんに紹介されて「海の生き物について詳しいおじさん」として、親方が登場!!
そこで、私も見たことも聞いたこともなかった、幻のウニが姿を現すのでした-!
ほんとにすごいウニだから、見逃さないでねー!!

ところで、ダイビング中によく見るウニと言えば、針が細くて長~いガンガゼ。
刺されると痛いけど、放っておけばそのうち治ります。
ところが、最近神湊では、刺されるとヤバイ、こんなウニが増えてきています。
f0041023_1971569.jpg

EOS Kiss Degital X 60mm Macro

ウニの世界も奥が深かったんですねぇ。
[PR]
by akaisaki | 2008-10-31 19:08 | 海の散歩
たけのこの里 VS きのこの山
どちらも1975年に発売されたのだそうです。
ロングラン商品ですね。
今では他にもいろんなお菓子があるから、あまり食べなくなってしまったけど、昔はこれと「おっとっと」が必須アイテムでした。たけのこの里ときのこの山と、どっちが良いだろう? と真剣に悩んで買ってたりして。
ウミトサカの山には、こんな可愛いのが付いてて、お得です。
f0041023_19411698.jpg

EOS Kiss Degital X 60mm Macro

一体、何を急に言い出したんだろう?と思ったら、来月1日の豪海倶楽部を見てね。
きっと1日からは連休で忙しくて宣伝する暇がないと思うので、今のうち頼んでおきます。
み て ね ♪
[PR]
by akaisaki | 2008-10-30 19:42 | 海の散歩
たまにはエビちゃん
最近、一眼で写真を撮っていると、どうもシャッターが押せないことが多くてイライラしてました。どっちかと言うと、そういう悩みはコンデジで撮ってる時に起こるはずで、オートフォーカスが遅いとか、データ読み込みの速度が遅いとか、いろんな理由で「ここぞ!」という時にシャッターが切れなくて悔しい思いをするのです。
最初はキスデジNからキスデジXに変わり、1枚当たりのデーターが大きくなっちゃったから仕方がないのかなと諦めかけていたのですが、一眼でマニュアルフォーカスで撮ってるのに、なんで!?と、だんだん我慢できなくなってきました。よくよく考えてみると、陸上ではそんな不具合は全くなく、バシバシ連写できるのです。
もしかすると、ハウジングの方に問題があるのでは? と思って見直してみたら、なんとなく原因らしきものが・・・。どうも、シャッターレバー押したあと、戻るのが遅いんですよね・・・。
つまり、水中で使用している時、もしかしたら何回かに一度はシャッターを押したままの状態で、さらにシャッターを押そうとしているのかも知れないのです。
試しにシャッターレバーの部分を分解してみたら、ちょっと動きが変わりました。
次回からは、バシバシ撮れるかな?
何たって私の場合、数打ちゃ当るの枚数で勝負しているので。。。
特にハゼなんて。
でも、今日はたまにはエビちゃんを主役。
いつも脇役だもんね。
f0041023_2234698.jpg

EOS Kiss Degital X 60mm Macro
[PR]
by akaisaki | 2008-10-28 22:03 | 海の散歩
第一関門
「撮れない!!」と悩んでいたナガサキスズメが、何とか撮れました。
しかし、結局のところ、普通のマクロモードで。
シャッタースピードを速くする方法とか、いろいろ考えたのは無駄に終わりました。
このナガサキは、先日のゴマハギを撮っている最中に横でちょろちょろしていたのを横目で眺め、ゴマハギがサンゴの裏に隠れてなかなか出てこない時に、言わばついでに撮ったものです。
ナガサキを撮ろう!という意気込みが無かったのが良かったのかも知れませんね・・・
撮りたいと思っているものが、なかなか撮れない時、ちょっと浮気して撮った他の魚が意外とバッチリ撮れてしまう・・・というのは、よくあるんですが。やっぱり殺気が出ているんでしょうか。
ま、とりあえず、撮れたから、いっかー。
f0041023_1941832.jpg

Casio EXILIM EX-Z1080 
[PR]
by akaisaki | 2008-10-27 19:04 | 海の散歩
ココより出番が多いウメちゃん
今日も来ました。
くつろぎすぎでしょ。
餌ばくばく食べて、みんなに撫で回されて、
ぷいっと、どっかへ行っちゃいました。
f0041023_1835186.jpg

Casio EXILIM EX-Z1080 
[PR]
by akaisaki | 2008-10-24 18:03 | 猫の散歩
気を取り直して・・・
陸上でココを相手にシャッタースピードを速くして撮影する方法を思いつきました。
動き回るココでも、ピッタリ止めて撮影できます。
これなら、動き回る被写体でもOK!と気をよくして、早速水中で実験!

ところが・・・

なんでだろ。
水中では相変わらず60分の1のままで、ちっとも速くなってくれませんでした。
おかげで、ぼけぼけ写真の大量生産。

結局、普通のマクロモードで撮りました。
f0041023_20594451.jpg

Casio EXILIM EX-Z1080 

ゴマちゃん、仲間がいないので、ミゾレちゃんとペアを組んでいます。
二人して、バリバリの警戒心でした。

で、上からイソカサゴが覗き見してるんだよ。気づいてた??
[PR]
by akaisaki | 2008-10-23 21:01 | 海の散歩
ガン飛ばすナガサキ
先日、コンデジと一眼と両方を持って潜っていたときのこと。
かなり長い間コンデジでナガサキの幼魚を撮ろうと頑張っていたのですが、ついに撮れませんでした。今、考えてみれば、もうちょっと設定とか変えてみれば良かったのかも知れません。
途中で諦めて、一眼で撮ってしまいました。

「一眼なんかで撮っとらんと、取り説読み直して、出直して来い!!」
と言われているように見えます。。。
f0041023_1049927.jpg

EOS Kiss Degital N 60mm Macro

八丈島のナガサキスズメの幼魚を可愛く撮る方法ってあるんですかね?

この後、ココを相手に練習して、Casioでもシャッタースピードを速めて撮る方法を編み出しました。これでナガサキが撮れるかどうか・・・は、まだ試していません。。。
[PR]
by akaisaki | 2008-10-22 10:50 | 海の散歩
プレゼント・クイズ 終了!
多数の応募を頂きましたクイズ、正解者が5名に達したので終了させて頂きます。
さて、気になる正解は・・・

f0041023_1081086.jpg

EOS Kiss Degital N 60mm Macro


貝を持つウミウシとして紹介されていたベニヤカタでしたー!
ちなみに、この写真は私が撮ったものですが・・・
雑誌に載っているベニヤカタは親方が撮影したものでした。

編集者とやりとりしている中で、ワイドとウミウシは加藤、マクロは水谷ですと連絡していたのですが、ウミウシの写真もある意味マクロ写真なんで、水谷ってことになってしまったようです。

たくさんのご応募、ありがとうございましたー。
残念ながらハズレてしまった方にも、何か残念賞を考えますね。
楽しかったので、プレゼント・クイズは何か機会を見つけてまた企画しまーす。
またチャレンジしてください!!
[PR]
by akaisaki | 2008-10-20 10:07 | つぶやき
プレゼント・クイズ!!
この記事は10月末までトップに固定しています。
最新記事は2つ目以降をご覧くださいませ!!

f0041023_1845422.jpg
とりあえず、今月号のマリンダイビングの86~88ページをご覧下さい。
特集「八丈島の撮り方」の中で、11枚の現地ガイドの写真が掲載されています。
このうち、なんと8枚がレグルスから!!
各写真の隅に書かれた撮影者のイニシャルを見ると、(S.K) (=加藤 昌一) が3枚、(T.M) (=水谷 知世=わたし) が5枚、になっています。

さて、ここで クイズ です!!

実は編集の方との間の連絡ミスで、本当は親方の写真が4枚、私の写真も4枚、つまり1枚だけ (T.M) ではなく (S.K) としなくてはいけなかった写真があります。

さて、その撮影者が間違っている写真は、どれでしょうか!?!?

答えは、1枚だけ。
答え方は、被写体の名前でも構いませんし、87ページの真ん中、というように写真が掲載されている位置で答えてくださっても構いません。
ノンダイバー、同業者、誰でも応募可能!
この記事のコメントで「非公開コメント」にチェックを入れてお答えください。
f0041023_18451920.jpg
正解の方には先着5名様にレグルス・オリジナルのお魚シールを2枚1組でプレゼント!! レグルスのゲストでは無い方は、プレゼントの送付先も教えてくださいね。

さあ、どしどし応募してね!!
[PR]
by akaisaki | 2008-10-20 08:59 | つぶやき
スズメダイの難易度
コンデジマスターへの道、スズメダイ編が途中で終わったままになっていました。
今日はスズメダイ・シリーズの続きです。
魚の中で、多分一番撮りやすいのはイソハゼ、ベニハゼ、ガラスハゼの皆さん、ヘビギンポ、コケギンポなどの皆さん、カエルアンコウやミノカサゴの皆さんなど、あまり泳がない運動不足気味の面々。それに対して、スズメダイの皆さんは、コンデジ・ユーザーには動きが速い!という理由で敬遠されがち。しかし、よく見ると、確かに動きは速いのですが、動く範囲が比較的狭いのです。しかも、さらによく見ると、同じところばっかり通っているのです。
中でも、今よく見られるクロメガネスズメ。
同じところを行ったり来たりしているだけだったりします。
シャッター半押しのままで待っていれば、同じ場所に戻ってきてくれたりします。
スズメダイの中では、一番のお勧め品ですよ♪
f0041023_19164346.jpg

Casio EXILIM EX-Z1080 

これに対して、一番難しいと感じているのがナガサキスズメ。
でも、今日いらっしゃっていたゲストはパナソニックのコンデジでさくっと撮ってきてしまいました。くやしーっ!!
[PR]
by akaisaki | 2008-10-19 19:16 | 海の散歩