「ほっ」と。キャンペーン
Top
<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
お留守番にゃ。
まずは、飼い主が明日八丈から脱出できるかどうかが微妙な状態になているのですが、一応明後日には日本を脱出する予定です。この絶妙のタイミングできている低気圧、ちょっと速度を速めて、さっさとどっかへ行っちゃってくれないでしょうか。こういう時、ホント、島は不便です。
とりあえず、何とかなるであろうという前提で、準備してあるんですけど。
レグルス役員の面倒は、全面的にほのかちゃんに託す予定です。
役員の食事や散歩、その他もろもろの雑事、忘れちゃいけないので、ここに書き出しておきますね。

(1) ラッキーとクウの朝ごはん
   缶詰はスプーンで3杯くらい。カリカリはカップ2杯。
(2) カメちゃんの朝ごはん
   20粒くらい。
(3) カメちゃんの水槽のそうじ
   3日に一回くらい。2Lの水、入れ替え
(4) チェリーの水を時々入れ替える
(5) 火曜、金曜が普通ゴミの日
(6) ココの水を時々入れ替える
   ごはんは気まぐれ
   ココの出入り口を開けておいてね。
(7) 雨が降らない日は、夕方にテラスの植木に水やり

ぢゃっ! よろしくっ!!

f0041023_20313784.jpg

[PR]
by akaisaki | 2010-05-23 20:31 | 猫の散歩
車が運転できない人の過ごし方。
最近の大学生は、車の免許を取りたがらないんだそうです。どうせ、免許を取っても車を買う予定はないからペーパードライバーになっちゃうだろうからって。昔のように、車を持っていることは女の子に自慢できるようなステイタスにもならないし、渋滞に巻き込まれることを考えたら電車やバスの方が便利だろうって。
レグルスに毎年合宿をしにやってくるダイビングサークルの学生たちの中にも、年々免許を持っている子が減っていて、それが1つの問題になっています。だって、50人くらいの学生が集まっても、その中で運転できる子が4~5人もいないってことになると、宿~ダイビングショップ~海をピストンで何往復もしないと全員が移動できません。免許を持っている子は潜る時間がなくなっちゃうじゃないですか。
社会人の方でも、都区内に住んでいて、マイカーを持っていないとなると、ほとんどの方は免許を持っていても運転をしたがりません。
普段は何の不自由もしないんでしょうけど、そういう方が八丈へいらっしゃると、潜らない日の過ごし方について良いアドバイスが思いつきません。。。

車が運転できない人たちは、八丈で、どうやって遊んだら良いんでしょうか??
まさか、全部タクシーで移動しろとは言えませんし。
あちこち遊びに行ったり、温泉行ったり、島寿司食べに行ったり・・・いちいちタクシーに乗ってたら、いくらかかるん??

昨日、実際にゲストに相談され、思い切って路線バスの時刻なども調べてみたのですが・・・
まず、地図と時刻表そのものが、あまりにもわかりにくい・・・ T_T
あちこち少しずつ遊んでまわるには、あまりにも便数が少ない・・・ >_<
しかも、空港にはバス停がない。
土・日だけでも、観光客向けに何とか考えられないもんなんでしょうか。

f0041023_1831965.jpg


八丈島は坂が多くて、自転車に乗ったって途中で行き倒れになりそうですもんね~。
[PR]
by akaisaki | 2010-05-19 18:03 | 海の散歩
ラーメン屋とダイビングショップ
別にラーメン屋じゃなくても良いんですけど、勝手にダイビングショップと比べて、同じ点と違う点を考えてみて面白いなあと思うことがよくあります。

例えば同じ点を探してみると、営業の規模がどちらもピンきりであること。
自分の店舗を持たず、屋台を引いて一人で頑張ってるラーメン屋。同じく自分では店舗を持たず、民宿などの軒先を拠点にしてガイドをしているダイビングショップ。一方、どちらも大規模なチェーン展開をしている法人もあり。

あるいは、営業方針にしても、安い、早い、旨いをモットーに薄利多売で利益を上げているところがあれば、一日何食か限定で売り切れごめんのラーメン屋があるのと同じように、ダイビングショップにしても旅行会社と提携して団体さま大歓迎の店もあれば、1チーム少人数制で予約を制限しているショップもあり。

異なるのは、博多ラーメンが好き!と言って、博多で何軒ものラーメン屋を食べ歩く人はいても、八丈の海が好きだからと言って、八丈のダイビングショップを渡り歩く人はめったに見かけないこと。

だから、ラーメン屋は同業者で集まってラーメン博物館のようなイベントをやれば成功したりするけど、同じ地域のダイビングショップが集まってイベントを開催しても相乗効果は生まれないのだと思います。

ラーメン屋とダイビングショップ。
運営形態や営業方針のバラエティーには似たところがありますが、お客様との精神的結びつきの強さが、かなり違うんでしょう。 本来なら、気に入ったショップが見つかるまで、もっと気軽に乗り換えても良いはずだとは思いますが、なかなかそうはいかないようです。

今日は難しい話になりましたね。
ほんじゃ、おやすみなさい。
写真は、レグルスのテラスで育てている鉢植え。
何度もダメになりかけたんですが、復活しました。このまま気候が安定してくれますように。

f0041023_21284563.jpg


小さくても集まって咲くときれいです。
そんな風になれたら良いね。
[PR]
by akaisaki | 2010-05-18 21:28 | 陸の散歩
お知らせ
突然ですが・・・と、言いつつ、ずいぶん前から決まっていたのですが、5月24日から約2週間休みます。その間、私は島におりません。そのため、ガイドできるのは親方一人。送迎やお話相手はホノカちゃんが承ります。
一応、過去の予約状況をにらみつつ、一番予約が少ない時期を選んだつもりです。
で、そんなに休んでどこ行くのさ?と思われると思いますが、親と一緒に旅行してきます。
行き先はひみつ。もちろん、ダイビングはなし。アイスランドの噴火が心配です。
そして、久しぶりに現在地よりも気温の低い方へ移動します。いつも冬に南国へ行くのが定番になっていた私にとって、寒いところへ行くには荷物をどうしたら良いのか!?で頭を悩ませています。
ココのことも心配だったのですが、今の調子なら留守番してもらえそうです。

ま、そういうことですので、5月下旬~6月頭に八丈へ行こうかな~と思っている方は、早めにお知らせくださいまし。あと、5月24日以降には、私の携帯だのMixiのメッセージだのを送っても見れませんから、そういうところに予約メールとか送ったりしないでくださいね。

あー。その前に豪海倶楽部の原稿、書かないとー!!

f0041023_2137770.jpg


お休み中はビヨーンと伸びてきます。
[PR]
by akaisaki | 2010-05-16 21:37 | 海の散歩
例えば、魚を撮りたい人が、これからカメラを買う場合
甲殻類やウミウシを撮るんだったら、どっちでも良いかなと思うんですけど、できるだけたくさんシャッター切りたい魚を撮る場合や、ワイドを撮るんだったら、考えた方が良いと思います。
カメラを何にするかじゃなくて、どっちかと言うとハウジングの問題かな。
一眼の場合、たいていは外部ストロボを使うことになると思うのですが、それを光ケーブルでつなぐのか、シンクロケーブルでつなぐのかで、だいぶアドバンテージが変わってきます。なんでかって言うと、光ケーブルでつなぐってことは、中身のカメラの内臓ストロボを発光させるってことで、その光をケーブルで拾ってストロボを光らせることになるわけです。外部ストロボそのものはいくらでも連射できるのですが、内臓ストロボは連射ができません。そのため、バシバシバシッ!!と続けて撮っていると、途中で「ちょっと待って」というサインが出てしまうのです。ベラなんて、たいていシャッターを切った次の瞬間が一番良いポーズだったりするので、そこで「待て!」と言われるとチョーくやしいのです。
シンクロケーブルでつなげば、内臓ストロボを発光させることなく外部ストロボを光らせることができるので、いくらでもバシバシ連射できるのです。
うらやましい。
でも、だからって、そう簡単に買い換えられないからね。

この人も、ひらひらひらひら泳いじゃって、微妙になかなかこっちを向いてくださらない。
この日は潮が速かったんで、動きが鈍ってて撮りやすかったです。

f0041023_1915748.jpg

[PR]
by akaisaki | 2010-05-15 19:15 | 海の散歩
たまには人気種
今まで、カメラを持って海に入っても、撮るのは、ひたすら自分の好きな生き物ばかり。ブログのために、とか、ゲストの気を引くために、とか全然考えておりません。
しかし、そんな誰も撮りたがりそうにない写真ばかりブログに載せていると、本当に誰も来てくれなさそうな気がしてきたので、最近は人気種も撮るように心がけています。
今日も、イロカエルアンコウとかフリソデエビとか撮ってみました。
しかし、シャッターを切ったのは、イロカエルアンコウが3枚、フリソデエビが4枚。
帰ってから周りの人に見せると「愛のない撮り方・・・」と言われてしまいました。
だって、この手の被写体って、一眼で撮ればすぐにピントが合ってしまうので、なんだか闘志が湧かないんですもん・・・。
やっぱ、逃げ回る奴の方が、追いかけたくなるんですよね~。

f0041023_19243769.jpg


こんな風に、
「さ~、撮らせてあげても、良くってよ~」
って言われちゃうとねぇ。
でも、撮らせて頂きました~。
お好きな方は、撮りにいらしてねー。
[PR]
by akaisaki | 2010-05-14 19:25 | 海の散歩
いかどこ
今日は、事業者の皆さんと一緒に、八重根にイカの産卵床を設置しに行ってきました。
今日の八重根は、湾内は凪ですが、湾の外は大しけ。しかも、エントリー口に立っていると凍えそうなほど、ビュービュー風が吹いていました。なんだか、事業者みんなで仕事をする時って、いっつもひときわ寒いんですよ。。。しかし、それにも関わらず、ずいぶんと人が集まっていました。大勢で木を束ねて、ロープだのワイヤーだのを結びつけて、みんなで引っ張って曳航し、ちょっと沖合いのケイソンに縛りつけてきました。
さて、アオリイカに、この木が魅力的に見えてくれるでしょうか?
最近アオリイカ自体はたくさん見られているので、ここをランデブーの場所に選んでもらうのを待つばかり。
八丈のアオリイカはサイズが大きいので、近くで見ると迫力ありますよ~!!
その時ばかりは、ワイコンやワイドレンズがほしくなります。

ま、そんな産卵ショーを見た後に、こんなちっちゃいもんを撮って遊ぶのも良いかと思いますが。
いろんな色のがあって、可愛いですよ。
肉眼だと、よく見えませんけど。

f0041023_1910306.jpg

[PR]
by akaisaki | 2010-05-13 19:10 | 海の散歩
できない仕事
今日は年に一度の、コンプレッサーのメンテナンスの日でした。
レグルスには、小さいながらも、タンクに空気を充填するコンプレッサーがあります。このコンプレッサーのメンテナンスをするために、静岡の会社の方が出張して八丈にいらっしゃいます。もちろん、コンプレッサーを持っているショップはレグルスだけではありませんから、数日の滞在中にまとめて見て回られるわけです。小さいのですが、古いため、メンテナンスにかかる時間の長さは2番目くらいらしいです。朝の9時からいらっしゃって、たいした休憩も取らず、充填所の中で黙々と5時まで作業していました。
今日は朝から土砂降りで、充填所の鉄扉を開けていると雨が吹き込んでしまうので、扉を閉めて、狭い部屋で一人で黙々・黙々・・・。

前に、何かで書いたことがあると思うのですが、私、閉所恐怖症でして。
子供の頃エレベーターに閉じ込められたことああるもんですから。
充填所はそれほど狭くないので恐怖を感じたことはありませんが、扉を閉めた状態で一日中過ごすのは、ちょっと・・・。何だか、だんだんパニックになっていきそうで、恐いです。。。

そうそう、だから、私は洞窟ダイビングとか、好きじゃないんですよね。
乙千代のトンネルとか、パラオのブルーホールみたいに、必ず外が見えるという状態なら我慢できるのですが、本当に出口が見えなくなったら絶対イヤです。

この人も、狭いところが好きなくせして、顔を出してないと落ち着いてないんでしょうか?

f0041023_1710594.jpg

[PR]
by akaisaki | 2010-05-11 17:11 | 海の散歩
みたいもの
池袋のサンシャイン水族館でマンボウを見て以来、一度で良いから海で見てみたい!と思っていました。大瀬崎でマンボウ情報が出たという日に2回くらい見に行ったことがありましたが、運がなくハズレ。その後、南紀へ遊びに行った時、世話になったダイビングショップのボートを係留してあるところで、期せずして飼育されているマンボウを見ることができました。エビのすり身か何かで作ったお団子で餌付けされていて、それを食べる表情が忘れられないくらい可愛いかったです。ますます、一度で良いからダイビング中に見たい!と思っていたのですが、先日ナズマドでついに遭遇することができました。
もう、これ以上、見たいものはないかもなー・・・
と思っていたら、今朝のクジラ情報。
ナズマドの近くで、海岸沿いの道路から潮を吹き上げている様子が見れました。
そういえば、私ったら、ナズマドでダイビング中にイルカの群れと遭遇したこともあったのでした。
どうせだったら、今度はダイビング中にクジラに遭遇しないかしら? それも、ナズマドで。
願えば叶うかなあ。
でも、本当に会っちゃった日には、ビックリして息も止まる思いでしょうね。
なんたって、33%大きく見えちゃうんですから。

そんなことを思いながら、岩に張り付いてウミウシ撮ってました。
時々は、上を見上げるようにしないとね。

f0041023_17493686.jpg


ヤギが草を食べてるみたいに見えるね。
[PR]
by akaisaki | 2010-05-10 17:50 | 海の散歩
増えてる女性陣?
増えてると言っても、ちょっとだけですが、八丈の女性ガイドが増えてきているような気がします。
レグルスに帰ってきたほのかちゃんは、まだガイドではありませんが、そのうちその一人となることでしょう。あと、ご近所のショップにも一人女性のガイドが増えました。何だか、周りは男ばっかりだなあと思っていたので、ちょっと嬉しいです。みんな、長く続けてくれると良いなあ。
だいたい、ガイドの寿命って何年くらいなんでしょうね?
元々定年なんてないんですから、体さえ動けばやっていけると思うんですけど、最年長の現役ガイドって、何歳の誰なんでしょう?

f0041023_16371651.jpg


最年長の女性ガイドになれるかな?
ちょっと、ろーがんが入ってきてるんですけど・・・。
カメラのファインダーがろーがんきょうの代わりをしてくれています。

PS ほのかちゃんが、ブログを始めました。意味不明なコメントよろしくです。
  こちらです
[PR]
by akaisaki | 2010-05-09 17:20 | 海の散歩