「ほっ」と。キャンペーン
Top
<   2011年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
夏と言えば。
夏と言えば、何ですか?
私は、そうめんです。そうめんは揖保の糸です。
親方は、夏と言えば、ざるそばのようです。
関西と関東の違いでしょうか?

ところで、皆さん、薬味は何を入れますか?
私の場合、そうめんにはしょうがです。あと、茗荷と小ねぎ。
ほんとは、別にちょっとしたおかずがあると嬉しいです。
厚焼き卵とか、揚げ豆腐とか。
ざるそばの場合だとワサビです。あとねぎ。
てんぷらがあっても良いし、やまかけも良いかな。

冷やしうどんも、よく作ります。
ぶっかけで、油揚げとか、半熟卵とか乗せます。これも、薬味はしょうがね。

f0041023_14415379.jpg


人間もつらそうだけど、動物はもっとつらそうです。
ココなんて、ちょっと前までは天気の良い日には喜んでゴロゴロしていたのに、最近は夜中しか見かけません。どっか、涼しいところを見つけて、うだーっと寝転がってるんでしょうか?
[PR]
by akaisaki | 2011-06-30 14:44 | 猫の散歩
どっちが暑い?
暑い日が続きますね~。
八丈は、ようやく東も西も青空が広がり、太陽光線がビシバシ当たって痛いくらい。車を運転する時にはサングラスが欠かせなくなってきました。
しかし、そうは言っても、今日やっと最高気温がちらっと30℃に達しただけで、ほとんどの時間は30℃未満。一方、東京の最高気温、今日は35℃を超え、日が沈んだ今も30℃!? 
八丈に移り住む前には、東京はこんなに暑くなったことはなかったはず。八丈に移ってから夏に上京したことはないので、35℃なんて、経験したことがないような気がします。
最高気温が30℃にいったくらいで、暑い、暑い、って言ってたら、バチが当たるのかなあと思っていたのですが、アメダスをよーく見ると、湿度が全然違う…
東京の湿度は一日を通してだいたい50%前後。一方八丈は90%前後。
これって、体感的には、どっちが暑いんでしょー??
気温35℃&湿度50% と、 気温30℃&湿度90%

どっちにしても、海の中が一番爽快です。
海の中は26℃! そして湿度は・・・!? 一番低く感じるかも♪

f0041023_210843.jpg


南方系の被写体も増えてますことよ~♪
まだ水温が上がり過ぎるんじゃないかと心配ですが、今はまだ考えないことにしよっと。
[PR]
by akaisaki | 2011-06-29 21:00 | 海の散歩
みんなの親方
「ウミウシ」に始まり、「海水魚」に続き、そして今度は「スズメダイ」
やっと誠文堂新光堂から出た、親方のネイチャーガイドブックのシリーズが終了しました!
本日、「スズメダイ」の最後の校正。
これで、とりあえず当分の間、本来のガイド業に専念できるはずです。
その前に、スタッフ用シャワールームの改装と、裏の草刈もやってほしいんですけど。

本の執筆中、たくさんのアドバイス、写真の提供をしてくださった方々との間で、メールのやりとりがありました。その中には、今まで全く知らなかった方々もいらっしゃるので、「つながり」が増えて良かったなあと思います。
そんなやりとりの中で、今までもちょっと思っていたのですが、面白いなあと思ったことが1つ。
写真家の吉野雄輔さんなんかも、そうなんですが、親方のことを「加藤さん」と呼ばずに「親方」と呼ぶのです。
元々、加藤さんのことを「親方」と呼ぶようになったのは、数年前くらいにいた元・大工の兄弟子ではないかと思うのですが。「親方」と呼ぶのは、普通、その弟子たちなわけで、吉野さんのような先輩格の方から呼ばれるのって、なんだかくすぐったいですよねぇ。同業者の中にも「親方」とおっしゃる方がいて、いつの間にか、まるで加藤さんのハンドルネームみたいになっちゃってるようです。
ゲストの方の中にも「親方ー!!」って呼ぶ方、いらっしゃいましたっけ。


話しは変わりますが、スズメダイって、スズメダイ科の魚たちの総称でもあり、スズメダイという魚の種名でもあります。クマノミもそうですけど、こういうのって不便ですね。
ベラや、ハナダイには、「ベラ」や「ハナダイ」という名前の魚はいないので、話がしやすいのに。

これはスズメダイが卵を守っている様子です。
って言ったら、どっちのことを指しているか、わかります~?

f0041023_2150431.jpg


卵は、こんな感じです~。

f0041023_21504219.jpg


「スズメダイ」の本は、既に予約注文受付中!!
お値段は3150円だそうです。買ってね、買ってね~!!

e-hon
セブンネットショッピング
[PR]
by akaisaki | 2011-06-28 21:51 | 海の散歩
急激に夏!?
それほど大きい島ではないのに、レグルスのある東側と、八重根のある西側で、天気がごろっと違う日が続いています。前線が台風5号に押し上げられて、南西の風が吹き続いているのですが、底土はピーカン! 湿度100%、気温もぐんぐんと上がり、南国のリゾートそのもの。一方、南西側はどーんと黒い雨雲が空を多い、真っ白い霧が立ち込めて、幻想的な(?)別世界。おかげで飛行機は欠航しがちですが、底土にいると「なんでこれで視界不良なのか??」と不思議に思います。

でも、この土・日は、東側のピーカン・パワーが強力で、飛行機は無事に就航。
そして、底土海岸は、今年初めて海水浴客やシュノーケリングをする人達で賑わい、もうまるで夏休みになっちゃったみたいです。
ビーチにいると、あっっつい、あっつい!!!
もう、カキ氷、売り出しても良いんじゃないの!??

きっと、このままピーカン・パワーがアップして、梅雨明けを迎えてしまうに違いありません。
既に、びょよーんと夏ばて気味??
ではなく、元々、こういう形の平たいウミウシ。

f0041023_1614236.jpg


ヒラタイウミウシ。
見たまんまやね。
ちっちゃい目があったー。
[PR]
by akaisaki | 2011-06-26 16:02 | 海の散歩
イクメン
ちまたでは、育児する男性のことをイクメンと言うらしい。
ちょっと考えてみると、島内の同業者の間で、出産の話題が途切れない。
いつの間にか、島暮らしが長くなった独身男性ガイドたちは、もれなく妻子持ちとなりつつある。
自然の生き物を相手に仕事をしている人たちだけあって、子供の面倒見も良さそうだ。
ただ、仕事柄、子供が休みの日に限って忙しいというのが悩みのタネかも知れない。その分、平日はいっぱい遊べるけど。
自分が子供の時は、父親がサラリーマンで、平日の起きている時間帯に顔を合わせることがあまりなかったので、ちょっとうらやましいかな。

でも、魚の世界では、イクメンの方が主流なのよね。

f0041023_20563925.jpg


壁に産みつけた卵を守るセダカスズメダイと、口の中で卵を守るオオスジイシモチ。
イクメン・コンビで、育児の悩みとか相談しちゃったりしてるのかな?
[PR]
by akaisaki | 2011-06-22 20:58 | 海の散歩
スタッフになる条件
レグルスのスタッフになろうと思う方に、親方が必ず尋ねる質問があります。
「生き物は好きですか?」
この唐突な質問に一瞬とまどいますが、ちょっと考えれば「嫌いです」と言うより「好きです」って答えておいた方が良いんだろうなということは、容易に想像ができます。つまり、あまり意味のない質問だなあと思います。
例えばこれが、「水中の環境を変えてしまうことのないよう、水中生物には手を触れない」という一般的なダイバーのマナーと、サンゴを守るためならオニヒトデを殺しても構わないというのは、矛盾すると思う?という質問であれば、人によって答えが違って面白いんじゃないかな。

ちなみに私自身は、自分が生き物好きだと思ったことはありません。
猫は好きですが、それ以外の生き物については、聞かれるまでは魚が好きかどうかも考えたことがありませんでした。会社への通勤時間に「海水魚」を眺めているほど魚にははまっていましたが、猫のように抱きしめたいと思ったことはありませんし。
犬も好きですが、いわゆる犬好きの人と比べると、気持ちが薄いように感じます。
昆虫はどちらかと言えば嫌い。鳥や花は嫌いではありませんが、名前が覚えられません。

しかし、よくよく考えてみて、あ、これは好きだわ!と思いついたもので、親方と大変気の合うものが1つありました。
それは爬虫類。
ココの次に好きなのがカメちゃん。
そして、最近よく現れる爬虫類がこちら。苦手な人が多いようですが、親方と私は大喜び。

f0041023_17214939.jpg


なんと言っても目が可愛い。
何だか良いことがありそうな気分になれます。

でも、そんなことより、健康状態とか車の免許を持ってるかどうかを確認した方が良いと思うな。
[PR]
by akaisaki | 2011-06-21 17:22 | 陸の散歩
それぞれの道
6月末と言えば、あと10日しかありません。
ご存知の方も多いと思いますが、大島のカリスマ・ガイド、もしくは歌う水先案内人として知られていた柳場さんが体調不良のため6月末でダイビングを引退されます。ガイドもさることながら、料理も、大工仕事も何でもできる器用な方で、最近では被災地復興支援のためにクチバシカジカのレリーフを作成・販売していらっしゃいました。どちらもマルチ・タレントで、深場好きで、生態好きで・・・といろいろ気が合うのか、親方同士が仲良しのお店でした。
7月以降、お店やスタッフはどうなるのか?と心配していましたが、有馬さんが独立して自分のお店を立ち上げ、石田さんがグローバルの海部門の担当スタッフとして残られるのだそうです。大島には既に他にも元グローバルのスタッフの方のお店がいくつか活躍していますから、グローバル・ファンのダイバーは、これから先の行き先に悩みそうですね。。。でも、皆さん個性豊かなガイドさん達ばかりですから、これからの大島の海情報がますます楽しみになりそうです。

レグルスでは、今のところ、スタッフが島内で独立する予定は全くありません・・・。
オーナーは、足が痛いだの、腰が痛いだのと愚痴をこぼしながら、お尻に火がついた状態で「スズメダイ」の原稿の締め切りに追われ苦しんでいます。そのとばっちりが、スタッフにも飛んできて、誤字・脱字と戦わされている今日この頃。

f0041023_2031323.jpg


私もスズメダイの写真は山ほど持っているつもりだったのですが、枚数が多いだけで、意外と種数が限られていました。
ヒメスズメダイなんて、先日初めて撮りました。
けっこう、かわいいのにね。
[PR]
by akaisaki | 2011-06-20 20:04 | 海の散歩
新しきもの
物に対するこだわりが無い方で、なくてもすむものは買わないし、使えるうちは買い換えない方かなと思います。昔はそういうもんだと思っていたのですが、いまどき、そのせいで損をすることもあるようです。特に家電とか、パソコン関連のものとか。
初めて一眼のデジカメを買ったのが、もうかれこれ5年以上前。その間、2回も水没したので、現在3台目。ところが水没してもハウジングはダメにならないので新しい機種に変えることができず、いまだにキスデジのX。現在販売されているものがX5なので、もうカタ落ちも良いところ。先日X4を持ったゲストがいらっしゃって画像を見せて頂きましたが、画質の美しさに、ちょっと愕然。何がどうとか、具体的に表現できないのですが、きれいですねぇ…。でも、欲を言ったらキリがないからと、自分を納得させています。
しかし、これくらいなら買い換えても良いだろうと、割と最近になって購入したのが32GBのコンパクトフラッシュ。今まで使っていたのは2GBでした。あっと言う間にいっぱいになるので、海外にはストレージやノートパソコンを持って行ったのですが、カードを32GBにしたら、そのどちらも必要なくなりました。さっさと買っときゃ良かったかしらん。
普段も、その32GBのカードを使ってますが。1700枚くらい撮れるもんですから、何だか整理しなくなってしまいました。ここ数日撮った写真が、どんどんカードにたまりっぱなしになっています。前は、せっせとパソコンに移して、不用なデーターはさっさと削除して、こまめに整理していたのに。
便利にはなったんですけど・・・新しいものも一長一短ってことでしょうか。

カードの中で放置されていたデータの中から。
先日神湊で撮ったナガセハゼ。久々のご対面です。
しばらく見なかった間、どこでどうしていたんでしょうね?

f0041023_21284263.jpg


神湊は、道路の拡幅工事と湾内の浚渫工事の影響で、生き物らしきものの姿がさっぱり姿を消してしまい、一時は全滅したのか?と思えるほどでした。
これから少しずつ、また豊かな状態に戻ってくれるでしょうか?
[PR]
by akaisaki | 2011-06-18 21:32 | 海の散歩
クリーニング店、クチコミ情報!
久しぶりにカメラを持って八重根へ行ってきました。
八重根と言えばアオリイカ。まだまだ産卵絶好調でやっちゃってくれています。
でも、私はもうマクロレンズに付け替えちゃったし。
せっかくウミウシの仕事が終わったんだから、それも除外。
アオリイカとウミウシ以外で、面白いもん、見つけよう!! と泳ぎ回っていました。

と・・・、何となく目に入ってしまった、ホンソメワケベラらしき魚。
ちょっと、お腹のあたりがポッコリしています。
むむむ。。。もしやコイツ、産卵が近いのか??と思いきや、クリーニングステーションをどんどん離れていってしまいます。何となく、コイツの彼氏らしきヤツも一緒に上の方へ移動。ますます産卵の瞬間を捉えるチャーーーーンス!! かと思ったら、二人は別々の方向へ逃げていってしまいました。試しに、最初の彼女の方を追ってみると、逃げる、逃げる、どこまでも逃げる。ちょっとした山も乗り越えて行ってしまいました。
こ、これは、もしやホンソメワケベラではなく、ニセクロスジギンポだったか!?
ニセクロスジギンポというのは、ホンソメワケベラと外見がほとんど変わらず、ホンソメワケベラのように他の魚をクリーニングするふりをして、魚のウロコをかじって食べてしまうという、詐欺師かペテン師かって感じのお魚。勝手にホンソメのクリーニング店に紛れ込んで悪徳商売しているヤツなので、危険が迫るとさっさと店から逃げ出してしまうのです。
これは、きっと夫婦で詐欺を働いているに違いない。
となると、本当のクリーナー・スタッフは、さっき残っていた1匹だけか?? 可愛そうに、一人で店を守ってコツコツまじめに働いていたのに、こんな夫婦に店にあがりこまれて客を横取りされて…と思って見ていました。
そう思って眺めていると、この夫婦にクリーニングされた魚は、全員間違いなく痛そうな表情をして、すぐに店から立ち去ります。
やっぱり、本物の店員にクリーニングしてもらわないと、痛いよね。
と、今度は、本物の店員のクリーニングの様子を眺めていると、やっぱり全員痛がって、さっさと立ち去ります。
あれ??
もしや、この店の店員は全員詐欺師!??! 
この店そのものが、クリーニング店ということ自体、真っ赤なウソ!?

疑惑が疑惑を呼び(そんな大げさな…)、まずはスタッフ全員の写真を押さえてきました。持ち帰った証拠写真を鑑識に回すと、答えは・・・

全員、普通のホンソメワケベラでした。。。

f0041023_20391731.jpg


いやいや、この店の人たち(旦那一人に奥様二人の家族経営)ったら、ほんと無責任というか、さっさと店を捨てるわ、仕事は下手だわ、どーなってるんでしょ。
それでも、他に良い店がないのか、お客さんは結構来てましたよ。
近くに競合する良い店ができたら、さっさとつぶれちゃうでしょうね。

でも、騙されて面白かったです。
また、見に行っちゃおうっと♪
[PR]
by akaisaki | 2011-06-15 20:41 | 海の散歩
顔写真を出したくないワケ。
八丈島の人口は約8000人。島は5つの地区に分かれていますが、人口のほとんどは三根と大賀郷の2つの地区に集中しています。その中で、私の場合、海へ行く時以外の外出先と言えば、一番はスーパー。二番目は銀行や郵便局、他にはガソリンスタンド、病院、商工会、その他の商店ってところでしょうか。どれもこれも、何軒もあるわけではありませんから、皆、行く場所は同じ。どこへ行っても必ず誰かしら知っている人の顔を見かけます。本当によく知っている人もいれば、よく見かけるせいで顔だけ覚えてしまっている人もいます。
そんな狭い社会なので、人知れずどこかで何かしようというのは、かなり難しくなります。
例えば午前中に病院へ出かけ、そこでは誰とも出会わなかったつもりでも、午後に出かけたスーパーで「あんた、どっか具合悪いの?」と声をかけられたりします。別に悪いことをしようとしているわけではないけれど、常に誰かに見られていると思って間違いありません。
せめて、会ったことのない方には自分の顔を知られたくないなあ…と思いまして。

たまに歌手にもいるじゃないですか。
ライブ活動とCDの販売だけで、テレビなどのメディアに一切出ないでプロモーションしてる人。
ダイビング業界で、そういう販売戦略ってダメ??

ウミウシみたいに、似てるのがいっぱいいて、どれが誰だかわかんなーい!
って言うんだったら、良いんですけどね。
あ、でも、私に似た人がうじゃうじゃいるのも恐いだろうな。

f0041023_19303252.jpg


今月号の月刊ダイバー、12,13ページの見開きで、親方の「海水魚」と一緒に「ひみつのウミウシ」を宣伝してもらっています。「海水魚」の方には著者の写真が載っているのに、「ひみつのウミウシ」の方は似顔絵!? っというのは、こういうワケです。
しかし、この似顔絵だけでもヒントに「水谷さんですよね?」って声をかけられることがあるんですよ。どんだけ似てるんですか!?

この似顔絵、顔に線が6本、引いてあるだけなんですよっ。
[PR]
by akaisaki | 2011-06-14 19:38 | 海の散歩